【売る?】スマホ・ガラケーの処分方法

トップページ
  1. トップページ
  2. 処分方法
  3. アンドロイド(Android)スマホを処分する

アンドロイド(Android)スマホを処分する

Android(アンドロイド)OSを搭載したスマホを総称してアンドロイドと呼んでいます。

iPhoneがiPhoneという機種名なのに対して、アンドロイドは富士通やサムソン、シャープ、ソニー、カシオなど多種多様なメーカーが新機種を開発しています。

これがアンドロイドスマホの処分を考える際のポイント。

スマホ全体の処分方法、注意点についてはこちらを参照

アンドロイドはiPhoneち違い、旧機種になりやすい

iPhoneはiPhoneという1機種だけで、数年に1回のモデルチェンジという名の新発売しかありません。しかもiPhoneは当初から完成された製品のため、新機種が出ても旧機種が古く感じないほどです。

ところが、アンドロイドは発売当初はかなり迷走していたため、最近になってようやくiPhoneに対抗できる機種構成となってきました。

そして、アンドロイドは頻繁に新機種が発売されます。まずドコモ、au、ソフトバンク、イーモバイルと発売されるプラットフォームが多数あります。さらに各プラットフォームでバラバラの時期に新機種がそれぞれ発売されます。

このように、アンドロイドのスマホはあっという間に持っている機種が旧機種になってしまうのです。

たくさんの機種があるせいで、人気機種かどうかで差が付きやすい

さらに、同時にいくつものアンドロイドスマホが発売されるため、その中で人気機種、不人気機種に分かれてしまいます。

この不人気機種を買ってしまうと、ただでさえ中古市場での価値は下がっていきます。そして人気機種であっても、比較対象される他のスマホがまた新発売されるため、常にあっちのほうがいい、こっちのほうが性能がいいと比較され、その結果によって簡単に中古買取価格が低下します。

データ専用端末として使わないならすぐに買取がおすすめ

つまり、アンドロイドスマホは、不要になったらすぐに買取査定に出して現金化したほうがいいということです。アンドロイドのOSは常にバージョンアップしますし、アプリもしだいにスマホの性能を求めるものが増えてきています。古いスマホを置いておいても、いずれ使うのに不満が出てくることになるでしょう。

特に低料金の定額データ通信SIMなどで運用しない場合は、iPhoneより早く中古買取価格が落ちていくので、素早い買取処分がおすすめです。

いらないスマホ・ガラケーは現金になるのを知っていますか?
私はココにスマホ・ガラケーを送りました。