【売る?】スマホ・ガラケーの処分方法

トップページ
  1. トップページ
  2. 注意点
  3. スマホ・ガラケーを売る、あげる前にやるべきことと注意点

スマホ・ガラケーを売る、あげる前にやるべきことと注意点

スマホ

スマートフォンやガラケー携帯電話を処分する方法として「売る」ことを選択した場合、やっておくべき注意点についてまとめました。

あなたの携帯・スマホ、実は高く売れるんです!

本体を初期化する

まず本体を初期化しておきましょう。「設定」メニューなどから行えます。「機種名 初期化」でGoogle検索するか、説明書で初期化を調べるといいでしょう。

ただし、初期化すると本体メモリーに記憶されていたデータが一括で消去されます。新品で購入した当初に戻ってしまいます。電話帳や受信したメール、写真、音楽などは消去されて再現できなくなります。

勘違いしている人もいますが、SDカードなどを挿しているからといってデータはそこに入っているとは限りません。データの保存先を選択したり、初期設定で設定していないと本体メモリーに保存されています。SDカードがあるからといって油断しないように。

残しておきたいデータを保存する

残しておきたいデータは必ずSDカードに移動するか、PCのバックアップソフトを使ってデータを保存しておきましょう。

初期化してしまうとごっそりデータがなくなるので、保存忘れ、移動忘れがないように。

SIMカードとSDカードを抜く

初期化が終わった後は、本体からSIMカードとSDカードを抜きましょう。SIMカードは電池パックを外した後ろにあるのが一般的ですが、SDカードはその近くだったり、本体横だったりするので注意しましょう。

特に電池パック裏は完全に隠れていることもあるので、見落とさないように。必ずカードの挿入口を示す絵があるので確認して下さい。

SIMカードが他人に渡ると、あなたの電話は他人のものになったと同じ事、SDカードが渡れば大事な写真も他人に丸見えです。いくら本体を初期化してもこれらカード類が漏れると意味が無いので注意しましょう。

しかし…これだけでは個人情報は漏れる

最低限やるべきことは以上ですが、スマホ、ガラケー携帯に入っていた個人情報に関してはこれでは完璧ではありません。

本体の初期化ではデータは表面上消えているだけで、実際には本体にデータは残っている状態です。そのため、専用のソフトを使用すれば元通りに、あなたが登録していた住所録や保存していた画像や動画も丸見えになります。

そこまでして元の所有者のデータを盗み見る趣味の人はあまりいないとは思いますが、その可能性はあるということです。

個人情報も気にするなら「売る」のが一番!?

ではそのリスクをなくすにはどうすればいいのか?ということですが、これは個人レベルではなかなか難しいところです。

一番お手軽なのは、こういったデータを綺麗に消してくれる専用ソフトを使用し、個人情報を出来る限り綺麗に抹消した上で中古として販売する、スマホ・携帯買取サービス店に売ることです。

売るということに抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、端末が5万円以上と非常に効果になったスマホ、携帯は、中古でなるべく安く買うのが普通になって来ました。

そのため、以前と違って中古スマホ、携帯の買取価格は急上昇しています。

「売る」ことは普通で賢い処分方法だ

つまり、売るということは、世間的に普通のことだし、個人情報も綺麗に安全、さらにお金も手に入るというわけです。

ただし、売りに出す店は、全国展開のレンタル店ゲオがやっているスマーケットのように、有名店で行うのがベターです。怪しげな小規模店は、予算の都合上、本体の初期化のみで中古販売していることもあります。

いらないスマホ・ガラケーは現金になるのを知っていますか?
私はココにスマホ・ガラケーを送りました。